最新情報

占いを学ぶ4つの方法

占い師になるための第一歩として、占いを学ぶことが挙げられるでしょう。
さて、占いの学び方でも大きく分けて4つの方法があることをご存知でしょうか?


・独学で学ぶ

基本的に書物やWEBの情報を頼りに学んでいくことになります。ただし、大量に出回っている情報のうち、どれが有益なのか自分で見極めるのは中々難しいでしょう。


・師匠につく

本格的な占い師を目指す場合、師匠につくのが一番だと言われています。しかし、師匠となるような占いの名人と直接知り合う機会はほとんどありません。一般の方の場合は、この選択肢は除外した方が良いでしょう。


・占いの専門学校に通う

師匠を独力で見つけられない場合は、占いの専門学校に通う事で勉強するのがひとつの選択肢です。先生と直接コミュニケーションをとることで、疑問点を即座に解決できます。
また、生徒同士のつながりも出来、勉強した占術を使い、お互いに練習しあうことも可能です。なお、プロの占い師には資格というものがありません。占いは大変奥深く、独学で学ぶ場合、どこまで学べば良いか分かりづらいものです。学校のカリキュラムに沿って学ぶことで、自分がどの程度の習熟度か把握しやすくなります。


・通信教育

占いの学校に通う場合、スケジュールの調整や移動がネックとなります。特に地方在住の方の場合、実現は中々難しいです。そのような方にお勧めなのは、通信教育。教室授業に比べて、質問の頻度は下がってしまいますが、先生に質問する機会のあるカリキュラムならば、独学に比べて疑問点を潰していくことが可能です。

カテゴリー: 占い師について, 最新情報   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク