暦について

ブルームーンと占術のはなし

ひと月に2回満月になる現象をブルームーンといいます。月は29.5日のサイクルで満ち欠けをするため、月初に満月になると、その月末にもまた、満月になることがあるのです。本日、2015年7月31日は、そのブルームーンの日に当たります。ブルームーン(blue moon)だからといって、月が青くなるわけではありません。ただ、月が青くなると例えたくなるほど、滅多にお目にかかれない現象なのです。2010年代ですと、下記のとおり、ブルームーンはわずかに4回。


2012年8月2日、31日
2015年7月2日、31日
2018年1月2日、31日
2018年3月2日、31日

そのため、ブルームーンを見られると幸福になれると言われています。ちなみに、幸福になると言われている根拠は、曖昧で、少なくとも西洋占星術の理論に基づいているわけでは無いようです。今日の月を西洋占星術的に解釈しますと、「水瓶座の月」ということで、今日生まれた子供は、独創的な性格になりやすいと言われています。
なお、西洋占星術と同じように命術に分類される気学も、ブルームーンとは関係がありません。季節エネルギーを用いているため、実際の星々とは相関性がないのです。

占術的には確かにあまり根拠のない幸福の印ですが、だからといって無意味に思わず、たまには天文ショーに思いを馳せてみるのもいいでしょう。
カテゴリー: 暦について   パーマリンク