暦について

二十八宿について

二十八宿とは黄道(太陽の通る道)に沿った天球を二十八の不均等な区域に分けて、天体(七曜星)の位置を知るための基準とした星座をいいます。地球上から見ると、月は二七.三日で天球を一周してもとへ戻ります。その月の道筋に当たる付近の星座を選び、月は一日一宿ごとに宿りながら運行すると考えたもので、後に月や日に配当して、日柄の吉凶を示すようになりました。この二十八宿は空海が『宿曜経』(すくようきょう)として日本にもたらした最初と伝えられていますが、それ以前の八世紀初頭の高松塚古墳には、天上に二十八宿が描かれており、かなり以前から伝えられていたことが推定出来ます。

二十八宿の出し方には旧法と新法がありますが、現在の暦に出ているのは、ほとんど新法を使用しています。七曜星と二十八宿は組み合わせが決まっており、これを永久に繰り返します。

日曜=虚、昴、星、房
月曜=危、畢、張、心
火曜=室、觜、翼、尾
水曜=壁、参、軫、箕
木曜=奎、井、角、斗
金曜=婁、鬼、亢、牛
土曜=胃、柳、氏、女

二十八宿の日柄の吉凶については「観象暦」を参照してください。
カテゴリー: 暦について   タグ: ,   この投稿のパーマリンク