暦について

一粒万倍日と天赦日について

本日は【一粒万倍日】です!以前、ブログにて一粒万倍日について書きましたが「一粒万倍日って何?」と、もっと詳しく知りたい方の為に本日は【一粒万倍日】と【天赦日】について、しっかり説明させて頂きます。以前の【一粒万倍日】についての記事はコチラ

【一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)】・・・一粒の種を蒔くと万倍にも実を結ぶという、非常にめでたい日で、よろず事を始めるには良い日とされています。特に金銭の貸し出し、商売始め、種蒔き、株の投資、土地や家屋の購入などを吉とし、反対に人から借金をしたり、物を借りたりすると、後々苦労の種が増えるとされています。

【天赦日(てんしゃび)】・・・天が万物を養って、罪を赦す日とされ、何事にも大吉とされています。この日には、百神が天に会合する日であって、万事に忌む必要が無いといわれ、天の恩恵によって何事にも障害が起こらない大吉日であると言われています。特に、婚姻、開店、新規事業の開始、事業の拡張、発明研究の発表などに吉日とされています。

この天赦日は、とても縁起の良い日とされており暦注の中でも最上の大吉日と言われているので大安や一粒万倍日よりも天赦日を重要視する方も多いようです。天赦日+一粒万倍日+大安が揃う日があれば最高でしょうね!
カテゴリー: 暦について   タグ: ,   この投稿のパーマリンク