占いについて

卜術とは何か

卜術とは、物事に偶然はなく全ては必然であるという考えの下、事象の偶然性に意味を見出す占い方です。例えば、おみくじは複数の紙の中からランダムに1枚抽出する吉凶判断方法であり、まさに卜術の典型でしょう。易、タロット、六壬神課が卜術に分類されますが、本格的な鑑定になってくると、理論だけでなく、占う対象の潜在意識に働きかけることが多く、直観力やカウンセリング能力も一段と求められてきます。

鑑定士が卜術を取得するメリットは、3つあります。

1つ目は、リピーターのお客様を獲得しやすいことです。気学や西洋占星術などの命術では、一度本格的な鑑定すると、一生普遍の誕生日を根拠にしているため、お伝えする内容の大まかな指針はそうそう変わりません。その一方で卜術は、占うタイミングやお客様の状況に応じて、全く違う結果を提示することがあり、短期的な運気を見るのに向いています。そのため、命術に比べれば、高頻度のリピーター獲得には必須の占術といえます。

2つ目は、大まかな指針の提示に向いている命術に比べると、卜術は細かい鑑定に向いているということです。運気の詳細について、具体的にかつ深く追求していきたい場合は、特に便利です。

3つ目は、見た目にインパクトがあるということでしょう。易では筮竹を、タロットではカードを使用します。具体的に目に見える道具を用いることで、イベント会場での鑑定ではお客様の関心を集めたり、占いの仕組みを解説しなくとも鑑定内容に説得力が増したりします。

卜術をうまく組み込むことで、鑑定に奥深さが出るでしょう。
カテゴリー: 占いについて   タグ: ,   この投稿のパーマリンク