占い師について

占い師の市場価値

「良い占い師」と一言で表しても、「よく当たる」「依頼者の気持ちに寄り添うことができる」「評判が高い」など様々な基準があります。今回の記事に限り、占いの会社に入る際、「履歴内容として好まれやすい占い師」を良い占い師とさせていただきましょう。良い占い師の基準をまとめてみました。

沢山の占術を取得している

可能であれば、命術・相術・卜術からそれぞれ1つ以上占術を習得しているのが望ましいです。また、採用後にインターネット上での占い師リストに登録されたとき、なるだけ沢山の占術を習得していると、検索の間口が広がり、有利になります。

お墨付きがある

明確な資格が存在しないとされている占い業界ですが、その代わりとして機能しているのが、「お墨付き」です。有名な鑑定士に師事して学んだり、占い師の育成学校から認定を受けたりすることがお墨付きとなります。

鑑定暦が長い

鑑定暦が長いと、信頼感があると採用されやすくなるようです。

鑑定経歴

これまでどのような場所で鑑定をしてきたか、どのようなイベントに参加してきたかなども、会社からの評価の対象になります。イベントについては、マスメディアに注目されるイベントの方が、より評価が高くなる傾向があります。
カテゴリー: 占い師について   タグ: ,   この投稿のパーマリンク