占い師について

占い師の働き方

プロの占い師には、大きく分けて3種類の働き方があります。

鑑定士型

主に個人個人と向かい合い、鑑定をしていく働き方です。占いの館やデパートの一角、自宅や事務所などで、鑑定するといった方法が基本となります。この他にも、イベント会場への出張、路上で占う辻占、電話・メール・チャットを用いた鑑定をする人もいます。占いの知識だけでなく、相手の気持ちに寄り添うカウンセリング能力が求められるでしょう。

アカデミック型

占いの学校などで講師をしたり、占いの理論を研究し書籍を出版したりする働き方です。勉強好きの方や理性的な性格な方はこのタイプに向いています。

タレント型

芸能プロダクションに所属し、テレビやマスメディアに出演することで、出演料を貰います。巷の有名な占い師は、このタイプです。有名なため、ブランド力があり、占いのWEBサービスやスマートフォンのアプリケーションの監修をするなどのライセンス料からも収入が入ります。個性的なキャラクターの持ち主や珍しい占術を習得している人がこのタイプに向いています。

なお、当校の特色として、数多くの鑑定士を輩出していますが、卒業生が講師になることもあり、アカデミック型の方面にも強いといえます。
カテゴリー: 占い師について   タグ: ,   この投稿のパーマリンク